一般向け情報

イベント情報

一般向け講演会について

先端膜工学研究センターを支援する一般社団法人先端膜工学研究推進機構では 神戸大学先端膜工学センターにおける研究成果の紹介、膜工学の普及と更なる技術革新に向けて、海外の大学との学術協定における交流内容や海外の膜工学センターの動向を紹介するため、センターが主催しますセミナーの開催を協賛しております。会員企業に加え一般の方にもご参加頂けます。

① 年1回、11月に先端膜工学センターの海外の学術協定大学との講演会
和文:The International Workshop on Membrane in Kobe (IWMK)の開催
English:The International Workshop on Membrane in Kobe (IWMK)の開催
参加申込はこちら

②先端膜工学研究センター成果発表会開催:会員企業以外からもご参加頂けます。
先端膜工学研究センター成果発表会開催情報はこちら

講演会には一般向けと会員向けがございます。
会員向けの講演会にご参加いただける場合は、あらかじめご入会ください。
ご入会については以下のリンクよりご確認いただけます。
ご入会のご案内について

先端膜工学研究センター成果発表会について

成果発表会は膜工学研究センターの各部門の研究員より研究内容の発表会です。2020年度はオンデマンド配信で行いましたが今年度はZOOMによるオンラインのライブで開催します。会員企業以外からもご参加頂けます。
成果発表会の一覧へ

MBTA講座について

開発した膜の社会実装を進めていくためには、市場の未来動向の考察、ビジネスモデルの構築を考える必要があります。また新規膜開発の性能や効率を高めるためには、問題の原因を確かめたうえで対策を講じ、結果を判断するサイクルを回していく必要があります。新規プログラムでは、ビジネスと技術の両側面から、開発膜を社会実装することを想定し、ビジネスの考え方と膜技術発展の方向性について議論をすすめる予定です。
ビジネスと技術、並行で講座を進めてまいります。膜ビジネスの回では事業化や経営といった観点から、新規膜事業化の実例やビジネス分析の実例について、参加者の皆様との認識の共有と議論の場にします。膜技術実施回では、地球温暖化や水素社会への対応などのメガトレンドを意識しながら、膜技術発展の方向性を探ります。分析技術と膜の高性能化についても取り上げる予定です。
MBTA講座の一覧へ

グローバル・ウォーター・スクールについて

毎年先端膜工学研究推進機構が開催しています「成膜スクール」と同様に機構に入会されている企業の方を対象に、2012年10月に機構の教育活動と人材育成の一環として水処理のプロセスについて多くの適用例をご紹介するためにスタートしましたが2013年2月の第2回目より内容の拡充し、文科省の地域イノベーション戦略支援プログラム」の採択・開始にともない、その中の人材育成事業として、本スクールの大幅拡充を目指して開催してきました。

キーワードとして「グローバル」と「ウォータービジネス」を掲げ、ワールドワイドな視点からの水処理に関わる技術動向とビジネス情報をご提供し、受講対象者も拡大し、従来のエンジニアに加えて、事業部門および戦略企画部門の皆様にも役立つ情報のご提供を目指し2017年3月まで23回に亘り開催しました。今後は各企業様の新規事業創造への展開を考える場としてMBA(Membrane Business Academy)講座と弊会という形式で世界で戦える新規事業を皆様と共に考え創造し、少しでも各企業様のお役に立てればと考えております。
グローバル・ウォーター・スクールの一覧へ